スキル開発2

以前、オリジナルスキルの開発について書き込んだが、Amazonで下記のような書籍を見つけた。

以前は、AmazonのAWSを用いたスキル開発を試したのだが、この本には自前のレンタルサーバーを用いた方法が解説されているようなのだ。
もちろん、さっそく購入した。
書籍で紹介されているレンタルサーバーは、ロリポップ!レンタルサーバーと、さくらのレンタルサーバーの2つなのだが、私は当サイトで使用しているレンタルサーバー(バリュードメインのコアサーバー)を用いてテストしてみた。
なお開発言語は、AIプログラムで脚光を浴びている「Python」になる。
初めて使用する言語だが、それほど癖のあるものではないので、C++を習得している方なら習得も楽だと思う。

最初のサンプルスキルをテストしたのだが、自前のレンタルサーバーでも問題なく動作した。しかもこちらの方がプログラムの修正が楽で、気軽にアップデートできるのがいい。
さらに、Amazon AWS とは異なり、固定の料金で運用できる。ちなみに、バリュードメインのコアサーバーは、月額198円〜と非常に安いのでオススメである。
AWSだと、サーバーの負荷率や容量などで課金されるようなので、ちょっと怖い。
今後はこちらの方でスキル開発しようと思う。