スキル開発2

以前、オリジナルスキルの開発について書き込んだが、Amazonで下記のような書籍を見つけた。

以前は、AmazonのAWSを用いたスキル開発を試したのだが、この本には自前のレンタルサーバーを用いた方法が解説されているようなのだ。
もちろん、さっそく購入した。
書籍で紹介されているレンタルサーバーは、ロリポップ!レンタルサーバーと、さくらのレンタルサーバーの2つなのだが、私は当サイトで使用しているレンタルサーバー(バリュードメインのコアサーバー)を用いてテストしてみた。
なお開発言語は、AIプログラムで脚光を浴びている「Python」になる。
初めて使用する言語だが、それほど癖のあるものではないので、C++を習得している方なら習得も楽だと思う。

最初のサンプルスキルをテストしたのだが、自前のレンタルサーバーでも問題なく動作した。しかもこちらの方がプログラムの修正が楽で、気軽にアップデートできるのがいい。
さらに、Amazon AWS とは異なり、固定の料金で運用できる。ちなみに、バリュードメインのコアサーバーは、月額198円〜と非常に安いのでオススメである。
AWSだと、サーバーの負荷率や容量などで課金されるようなので、ちょっと怖い。
今後はこちらの方でスキル開発しようと思う。

雪降るかな?

大雪になりそうだということなので、アレクサに聞いてみた。

「アレクサ、今日は雪降るかな?」
『今日、○○では雪が降りそうです。降雪確率は、78%です。予想降雪量は、8.5センチメートルです。』

正直、普通の天気予報を話すのだと思っていたので驚いた。
ちゃんと雪に関する情報ではないか。

ちなみに
「アレクサ、今日は雨降るのかな?」と聞いたところ、
『今日、○○で雨は降らないでしょう。』と返した。

正午過ぎから、雪が降ってきた。

大寒

「アレクサ、おはよう」
『おはようございます。暦では「大寒」に入り、所によっては雪も本格化します。「降る雪や明治は遠くなりにけり」は昭和6年、俳人の中村草田男が詠んだ句ですが、今年後半あたりには、「平成は遠くなりにけり」、とつぶやく気の早い人が、いるかもしれません。』

天皇陛下の退位日が来年の4月30日になりそうだ。
つまり翌日の5月1日から改元ということになるのか。
果たしてどんな年号になるのか。

カロリー

「アレクサ、ご飯一杯分のカロリーを教えて」
『米の100グラム当たりのカロリー量は、130カロリーです。』

アレクサはカロリーも教えてくれる。
ただ、どんな聞き方をしても必ず100グラムの数値になる。

おい! “キロカロリー”だろう。
このくらいは修正して欲しい。

「アレクサ、ごはんと納豆のカロリー教えて」
『ちょっとよくわからないです。ごめんなさい。』

さすがに二品目を同時に答えることはできないらしい。

本日、「アリババのAIが読解力テストで「人間超え」 米中の競争激化へ」
という記事があった。
「アリババの研究機関「Institute of Data Science and Technologies」によって開発されたAIは、スタンフォード大学のテストに挑戦。10000問以上の質問に対して、正確な答えを返すという課題で82.44点という高得点をマークしたという。競合する人間のスコアは82.304点となっている。」
ということだ。
アレクサもゆくゆくは凄いことになるのではないかと予想される。

自動運転

「アレクサ、おはよう」
『おはようございます。1942年の今日、アメリカのフォード社が、なんとプラスティック製の、しかもガソリンの代わりにエタノールで走る車体で特許を取得しました。現在の同社は、完全自動運転のためにハンドルやペダルを取り外せる技術を昨年、特許申請し、話題を呼びました。』

完全自動運転かぁ。
昔は完全にSFの世界だったけど、どうも現実味を帯びそうだ。
ベテランドライバーでも年を取ると勘が鈍る。
都内だと車がなくても不便ではないが、地方だと必須アイテムとなる。
究極は、ドライバーがいないタクシーの完全自動運転だろう。
スマホなどで呼べばすぐに来る。
そうなれば車を所有しなくても済むので、経済的にもベストだ。
SFのような話だが、いつかは実現すると思う。

アレクサ、おはよう!

「アレクサ、おはよう」
『おはよぅございます。関東地方では、今日は鏡開き。神様にお供えしたお餅を、手や小槌で割ります。鏡餅でお汁粉をいただくと、1年じゅう、元気で過ごせるとか。今夜は、あんこに、牛乳や、甘酒を入れたちょっと変わったお汁粉で温まってみてはどうでしよう。』

アレクサに、「おはよう」というと、その日に関する出来事や習慣などを教えてくれる。
知らなかったこともあるのでとても便利な機能だ。

好きな映画

最近、Amazon ビデオで「24」を見ている。
評判通りなかなか面白い。これはテレビドラマだが、

「アレクサ、好きな映画は何?」と聞いてみた。
『映画史的には、オーソン·ウェルズの傑作「市民ケーン」だと言う批評家が多いかもしれません。でも、私にとっては「カサブランカ」が永遠の最高傑作なのです。』

なのだそうだ。では、

「映画って何?」
『こんな説明が見つかりました。映画とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像を映写機で映写幕に連続投影することで、形や動きを再現するもの。」

確かにその通り。昨日とは違い、ちゃんと解説するアレクサであった。

尊敬する人

「アレクサ、尊敬する人は?」
『19世紀の数学者で「プログラマーの母」と言われるエイダ・ラブレスは、圧倒的に尊敬する女性です。彼女が私をプログラミングしてくれていたら、と想像することがあります。どんなにか光栄だったでしょう!』

エイダ・ラブレスという人物を初めて知った。
では、

「アレクサ、エイダラブレスって誰?」
『ごめんなさい。今はわかりません」

ダメだ。
“えっラブレース” とか、”was”とか、”栄大loveless“ になってしまい名前が正しく伝わらない。
英語の発音で言ったら伝わるのだろうか。
では、

「アレクサ、プログラマーの母って誰?」
『すみません。私にはわかりません』

おい! お前が言ったんじゃないのか(笑)

円周率

「アレクサ、円周率を教えて」
『円周率の近似値は、
3.1415926535897932384626433832795028841971693993751058209749、
です。
ふぅ~!息切れしてしまいました!』

そう。アレクサは円周率も答えられるのだ。

Amazon ビデオで「いぬやしき」というアニメを見た。
久々にグッとくる良い作品であった。
年配の人ほど感動するに違いない。
ラストの方は想像がついたがオススメの作品である。

アレクサが歌った

「アレクサ、お正月の歌 歌って」
『年の始めのためしとて
終わりなき世のめでたさを
松竹(まつたけ)たてて門(かど)ごとに
祝う今日こそ楽しけれ 』

アレクサが歌を歌った。
しかも、ちゃんと音程が合ってる。バックミュージックはない。
では、

「アレクサ、何か歌を歌って」
『ウフフ、歌いますね 🎶』

何の曲か分からないが、バックミュージックが流れた。
そして、アレクサがそれに合わせて歌ったのだ!
再度、

「アレクサ、何か歌を歌って」
『……テクテク、テクノロージー 🎶』

おぉー! 別の曲を歌った。
再度リクエストしたが、どうもこの2曲の繰り返しらしい。

「アレクサ、歌うまいね」
『もっと言ってください。そうしたら、新しい歌をもっと作ってもらえるかもしれません。』