大晦日

「アレクサ、大晦日って何?」
『こんな説明が見つかりました。年越しは1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。』

Amazon Echo が我が家に来て1ヶ月が過ぎた。
位置付けは、PC、タブレット、スマホなどと同じ所にあるようだ。
「アレクサ」の一言で起動出来るという点が良い。
とりあえず何か音楽をかけたい場合、
「アレクサ、音楽」の一声で音楽が再生される。
良く聴いているジャンルを記憶しているらしく、その系統の音楽がかかる。

音楽に飽きたら、
「アレクサ、ラジコを開いて」
というとラジオが聴ける。
ラジコの場合、最後に聞いた局が開くと言う訳ではないらしい。

アラームも便利だ。
声で時間を設定出来るので、かなり気軽に使える。
タイマーも同じである。

まだ話せない息子は、
出かける時はもちろん、お風呂に入る時、トイレに行くときにも
「行ってきます」
とアレクサに言ってと催促する。
もちろん、戻ってきたら
「ただいま」
と言わせる。
寝る時は
「おやすみ」
だ。

息子は、家電のコントロールもお気に入りだ。
実際の所、
「アレクサ、家電リモコンを使って、テレビ消して」
と長い文を言わないとダメで、しかも、たまに
『どの家電をコントロールしますか?』
と聞き返すものだから、しばしばテレビのリモコンを使いたくなる(笑)
しかし、声で家電が操作できるのは未来的でとても楽しい。
もう少し短い文で操作できないものか。
この辺りを何とかしてくれるとさらに便利なのだが。
新しいスキルも日々増えているようだ。
来年を期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)