スマート家電コントローラ

Amazon Echo を購入した1つの理由は、家電を音声でコントロールすることである。
とは言っても、我が家の家電はすべて赤外線リモコンタイプであり、スマート家電ではない。
そこで、赤外線リモコンをコントロールする機器を探した。
ラトックシステムから「スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」というものが、12月1日に発売されるということなのでAmazon Echoの注文と同時に予約しておいたのだ。それが本日届いた。
早速、繋げてセッティングし、うちにある殆どのリモコンを学習させた。
テレビ、ブルーレイ、エアコンは、プリセットデータがあったので簡単に完了。
それ以外の家電も簡単に学習できた。
これで、沢山のリモコンを使わずに済む。
そしてAmazon Echo のスキルを追加して、こちらも何とか設定が完了した。
「アレクサ 家電リモコンでテレビつけて」
『どの操作を行いますか?』
あれ?
「テレビつけて」
…… テレビがつく……
『テレビをつけました』
おぉー!
何か変だったが、とりあえずテレビがついた。
「アレクサ 家電リモコンで暖房つけて」
『暖房は16度から30度に設定できます。何度に設定しますか。』
「20度」
『暖房を20度に設定しました。』
……エアコンがつく……
暖房をつけてと言うと、アプリで設定した温度になると書いてあるんだが。
ちょっと動作が変だが、いずれ修正されるだろう。
とりあえず、テレビとエアコンが音声で操作できるようになった。
ちにみに、電灯がリモコン式の場合、こちらもできるとか。
最終的にはすべての家電を自由自在にコントロールしたいものである。