Amazon Echo が届いた

正午過ぎ、Amazon Echo が届いた。

とてもシンプルである。
早速、電源ケーブルをつなげセッティング開始!
さすがに、これ単体ではセッティングできない。当たり前か。
iPad でアプリをダウンロードし、設定して行く。
比較的簡単に進められたのだが、WiFiの設定で止まってしまったのだ。
パスワードが違ったのか…
他のWiFiに変更してもダメだ。最初からやり直す。
同じように進めた結果、今度は問題なく完了した。
Amazon Echo 側のサーバーが混み合っていたのかもしれない。

さて、何を喋ろうか。とりあえず、定番の音楽でも。
「アレクサ 音楽をかけて」
おぉー。音楽が流れた!
まぁ、このくらいは当たり前か。
「アレクサ 今日の天気は?」
これも答えた。
「◯◯の現在の天気は雨で、気温は44度です。………」
えぇー!44度?! 単位が華氏になっているとか…
どうやって直すんだろう。
とりあえず放っておいて別のことを。
iCloudのスケジュールが使えるらしい。
ちょっとややこしかったが何とか出来た。
「今度の日曜日の予定は?」
おぉー。設定したおいた内容を正しく読み上げた。これには驚いた。
さてもう1度、天気を。
今度は正しい温度を答えた。何もしていないのに。
後から気がついたのだが、アプリの設定にそれらしいのがあった。

Amazon Echo を導入した理由の1つは、家電の操作である。
ラトックシステムのRS-WFIREX3という製品でそれが出来るそうなのだが、明日発売予定とのことだ。
それが届いたら、またレポートしたいと思う。

スキルを追加することで、どんどん進化していくAmazon Echo。
今後も楽しみな存在である。